洋室のみにするメリットとデメリット

洋室だけを作るメリット

住宅注文をする際、和室を作ろうか、それとも洋室だけにしようか、悩みますよね。洋室だけを作るメリットとデメリットを紹介していきましょう。和室を作らないことは、コストダウンにつながります!和室がある住宅と和室がない住宅では、費用に100万円以上の差が出ることがあります。床の間や障子、欄間(ランマ)など…和室を作るだけで、どうしても費用がかさんでしまいがちです。洋室の場合、壁はクロース仕上げ、床はフローリングの板を張るだけなので、大幅なコストダウンとなります。

好きなようにコーディネートできることも、洋室の大きなメリットです。ソファーやタンスなどの重い家具を置いても、床がへこむことを気にする必要はありません。また、掃除がしやすいことも洋室のメリットです。畳みのように汚れが吸着してしまう心配がなく、掃除機で簡単に掃除できます。

洋室だけを作るデメリット

洋室のみを作るデメリットは、足元が冷えやすいことです。また、足音や生活音などが響きやすいという特徴もあります。フローリングの床は、畳に比べて断熱性や保湿性が低いです。少し横になりたいと思っても、フローリングは硬くて冷たいため、直接寝転ぶことは難しいでしょう。床暖房やカーペットなどの、寒さ対策が必須になります。また、床に布団を敷いただけでは背中が痛くなってしまうため、洋室にはベッドが必要です。ベッドは置くだけで部屋の大半を占拠してしまうため、部屋が狭く感じられるかもしれません。 また、小さな子供が遊びづらいというデメリットもあります。赤ちゃんがハイハイする時、フローリングの床では、冷たいと感じてしまうでしょう。おもちゃを使って遊ぶ時も、音がうるさく感じられるかもしれません。

新築一戸建て住宅は中古と比べて高額ながら、ピカピカの備品を使える・設備の修理が不必要、といった様々なメリットがあります。

© Copyright Housing Suppliers. All Rights Reserved.